昨日の「TOEFL PBT 文法 ミニレッスン」の続きです。
昨日の記事を読んで、答えを選んでから読み進めてください!



http://d.hatena.ne.jp/futaro1968/20070805



<問題再掲>



Steven Jobs, founder of Apple, spoke in 2005


at the Stanford Commencement, reflecting on what


kept him going through challenging times into little money.




<解説>


founder(創業者)は可算名詞(数えられる名詞)なので、
原則的には「はだかんぼ」では駄目です。ただ、この文に
おいては、founderが「同格句」として使われていることに
注意してください。



「同格句」とは、ごく簡単に言えば、主語(名詞)の意味を
補足するために、主語と動詞の間に名詞を置く用法のことです。



Bill Evans, a great jazz pianist, died in 1980.
 主語       同格句      動詞



同格句の中においては、無冠詞(はだかんぼ)の用法が
例外的に許されています。


○ John Smith, a great American architect
   in the nineteenth century, was...


○ John Smith, the great American architect
   in the nineteenth century, was...


○ John Smith, great American architect
    in the nineteenth century, was...



以上3つの用法(a, the , 無冠詞)が全て文法的には
可能です。(若干ニュアンスは違いますが)



したがって、この問題文における "founder"は、例外的に
無冠詞でもOKです。



正解は・・・





最後の「into」です。「into」を「with」に変えれば
「わずかなお金しかなかった困難な時代」という、
正しい意味になります。


また、前置詞の「into」は、「動作、動き」を意味する動詞
とセットでなければ使えません。


○ John moved into Chicago.


× John lived into Chicago.


○ John lived in Chicago.


"move"には「引越す」という「動き」を表す意味がありますが、
"live"は「住んでいる」という「状態」を表す動詞です。よって、
"into" を "in" に直す必要があります。間違い探しの問題でもし
"into"に下線が引かれていたら要注意です。



間違い探し(Error Identification)の問題で、どうしても
正解らしき選択肢が見つからなかったら「駄目もとで前置詞
を選ぶ」というテクニックがあります。前置詞を選ばせる問題は、
「意味判断」が必要だったり、イディオムの知識がないと解けない
問題だったりします。したがって、間違い探しの問題においては、


「全ての選択肢が正しく見えたら前置詞を疑え!」


が、ダメモトのテクニックとして有効です。



アフィニティー英語学院では、8/12(日)


TOEFL PBT 1日集中セミナー


を実施いたします。


8/18(土)に臨時実施される、TOEFL PBT(紙のTOEFL本試験)に
向けての直前1日集中特訓です。


午後1時開始、夕食休憩をはさんで7時間みっちり指導します。
4セクション(Writing, Listening, Structure, Reading)
全ての対策を扱います。直前の1日講座ですので、英語力の
向上は目指しません。「現状の英語力なりに、如何に点数を上げるか」
がテーマです。戦略、テクニック、マークシート用紙の活用法、
等を中心にレクチャーします。



参加ご希望の方は、


http://www.affinity-english.com/


にて詳細をご覧ください。


あるいは、電子メールにてお問い合わせください。


futaro1968■yahoo.co.jp  (■を@に置き換えてください)






人気blogランキングへ