歌うこと それは我らの未来 歌ういま それが愛の始まり


〜東京大学柏葉会合唱団会歌〜




大学一年生の時、春の六大学混声合唱連盟定期演奏会で
聴いた美しい歌でした。いろんな歌を聴いたのに、他大学の
合唱団会歌が一番想い出に残っている、というのが不思議です。
メロディーも鮮明に頭に残っています。一度聴いただけなのに・・・




「音楽を楽しもうなんて、そんなのマスタベーションと
同じだよ。くだらない!」


市ヶ谷駅そばの「バンビ」(懐かしい・・・)にて、大学の合唱団で
指揮者を務めていたOBからいただいた一言でした。


所属していた混声合唱団で指揮者になるか否か、悩んでいました。
同学年の中で音楽面においてリーダー格の人間が3年生次に指揮者に
なるのが慣例でした。


私にとって、音楽は「楽しむもの」でした。なのに、練習の雰囲気は
「やらされている」感に満ちていた。なんとなく、ずるずると先輩の
誘いにのって、惰性で入会したメンバーがほとんどで(少なくとも
私にはそう思えた)、練習に真剣さも楽しさもなかった。


「先輩、練習は楽しくなきゃいけないと思うんですよ。メンバーは
つまんなそうに、惰性で練習しているようにしか思えません。
こんな状況で指揮者を務めても、嫌になってしまうじゃないかと
心配なんです。」


「音楽を楽しもうなんて、そんなのマスタベーションと
同じだよ。くだらない!」


「・・・」



これで会話は終わってしまいました。結局私は合唱団を辞め、
オーストラリアへの留学という道を選択しました。不思議な発言に
あっけにとられました。先輩の言っていることが理解できなかった。
なんで音楽を楽しむことを「マスタベーション」だなどと、こき下ろ
されなくてはいけないのか!?


今は先輩の気持ちが分かります。彼は合唱に真剣だったのでしょう。
学指揮(学生指揮者)として多大の時間とエネルギーを使ったこと
誇りを感じ、「音楽を楽しむ」という考え方が軟派なものに聞こえ
たのだと思います。確かに、修行のごとく真剣に音楽に取り組むのも
一つのあり方なんですね。音楽を極めると、そこには別世界が
見えてくるのでしょう。


音楽、スポーツ、語学、全てに共通していることだと思うのですが、
「真剣に取り組むこと」と「楽しむこと」は両方大切です。ただ、
人によって、どちらのベクトルを重視するか、とうスタンスが異なって
構わないのですね。そこには文化差もあると思います。日本では
趣味を「道」として真剣に究めようとする文化があり、アメリカでは
趣味を「楽しもう」とする伝統がある。日本人は、「楽しむこと」を
学ぶ必要があり、アメリカ人は「道を究めること」を学ぶ必要がある
のかもしれません。アメリカ人監督を抱える日本のプロ野球チームの
試合は面白いですからね。



私は毎日カガミを見るんです。そして聞くんです。
「君は今人生を楽しんでいるかい?」


〜ボビー・バレンタイン〜



閑話休題。


音楽を楽しむことはマスタベーションなのか?


そうなりかねない、そうなる人もいる、というのが現時点での
私の答えです。カラオケでナルシスト丸出しになる人を見れば
分かります。要はバランスの問題なのですネ。