渡った先での不安におののくなら
僕は水の色を眺めて死ぬがよい
by さだまさし「その橋を渡るとき」


私は「水の色を眺める」よりも「水に飛び込む」ことにしました。