飯島哲也の英語道場

思うところがあり、「飯島哲也の英語道場」という企画を復活させることにしました。MBA出願インタビューの個別指導を実施する中で、GMAT受講生の方々にも早めに私の英語音声トレーニング(ホリスティック音読)やプレゼンテーション向上訓練をぜひ受けていただきたいと考えるようになったのです。

まずは2/16(日)1130-1430(3時間)に実施し、3月以降も月に1回のペースで実施予定です。

 

飯島哲也の英語道場

 

対象

・MBA出願インタビューにおいて審査官に好印象を与えるためのコミュニケーションテクニックを学びたい方

・英語による面接、交渉、スピーチ等におけるプレゼンテーション力を向上させたい方

・TOEFL、IETLS、PTE、TOEIC等の音声系セクション(Listening&Speaking)の点数を向上させたい方

・歌やスピーチを題材にした「飯島式ホリスティック音読トレーニング」を実践したい方

 

概要

プロレベルの英語力を目指す方のための「道場」です。ビシビシと鍛えます。個別のサポートを可能にするため、参加人数の上限を8名とさせていただきます。

 

セミナーの前半においては「飯島式ホリスティック音読」のトレーニングを実施します。歌やスピーチを題材にして「ディクテーション」⇒ 「聞こえなかった箇所の音声分析」⇒「五感をフル動員した音読」の順番にトレーニングを進めます。ディクテーションによってどのような音声が聞こえていないのかを分析して、リスニング力向上へつなげます。また、音読の際に発音、発声、イントネーション等をチェック&矯正します。

 

本物の英語力を作り上げる際に最も大切なことは頭の中に「英語回路(英語回路)」を創ること、つまり英語を日本語に訳さずに「英語で考える(Think in English)」ことが出来るようになることです。そのためには身も心も魂も「英語漬け」にする必要があり、そのための訓練方法として「ホリスティック音読」を導入しています。 「ホリスティック(holistic)」とは「全体性」を意味し、たとえば医療分野において「ホリスティック医学」という名前で使われます。東洋医療に影響を受けているホリスティック医学では「頭が痛いなら頭痛薬を飲めばよい」「肩が痛いなら肩を揉めばよい」等のように体を部分部分に分解して考えるのではなく、体全体を一つのシステムととらえて「全体性(holism)」を目指しま す。英語学習においても「単語学習は単語学習」「文法は文法」のように、様々な勉強メニューがバラバラに扱われがちなのですが、ホリスティック音読においては「姿勢」「呼吸」「発声」「発音」「非言語(顔の表情、ジェスチャー、等)」 等の様々な要素を包括的に扱います。

 

そして、セミナーの後半ではプレゼンテーションの実践練習を行います。自己紹介、将来の目標、リーダーシップ経験、失敗体験とそこから得た学び、等のMBA出願インタビューの頻出トピックついてプレゼンテーションを実施していただきます。また、参加者の希望や状況によってはTOEFL SpeakingやIELTS Speakingの問題演習を実施する可能性もあります。

 

プレゼンテーション力とは究極的には「ストーリー(物語)を伝える力」のことなのです。このセミナーではストーリーテリングの手法として、MBA出願インタビューにおいて使用が推奨されている「STAR Method」をご紹介いたします。また、NLP(神経言語プログラミング)の様々なテクニック(タイムライン、空間アンカー、優位感覚、アナログマーキング、ステートチェンジ、等)も取り入れます。さらには、担当講師の音楽経験と演劇経験を活かして発声法、スピードのコントロール、声量の調節、音程の調節、間の取り方、感情表現、等)についても必要に応じて指導を致します。

 

厳しく楽しい「道場」への参加をお待ちしています。

 

日程

2月セミナー:2/16(日)1130-1430(3時間)

⇒3月以降も月に1回のペースで実施しますが、日程はまだ調整中です。

 

受講料

1回 16,000円(税抜)※入学金は不要です。

 

担当講師

飯島哲也(Affinity英語学院 学院長、NLPトレーナー)

 

定員

1クラス8名まで(最少催行人数2名)

 

affinity-english.com