今あなたは一人嵐の中にて
寒く、不安で、辛い思いをしているのかもしれない
でも、大丈夫。私はいつでもあなたと一緒。
嵐が通り過ぎるまで、私のことを思い出して耐え抜いてほしい。