アリストテツヤ

「ソーカワクラテス」というお名前でYouTuberとして活躍されている寒川(そうかわ)さんから「アリストテツヤ(私の名前は飯島哲也)という名前で一緒に動画を撮影しませんか?」という楽しいご依頼をいただき、大阪にて一気に6回分撮影をしてきました。

 

www.youtube.com

 

ソーカワクラテスさんとも、そして撮影者の方とも、10年以上ぶりの再会だったのですが、波長が合うせいか、大阪という場の力なのか、撮影はスムーズに進みました。

 

ソーカワクラテスさんは日本語教育という現場があり、私には英語教育という現場があります。学問ではアプローチしにくい疑問点について、主にNLP(神経言語プログラミング)の知見を借りて、日本語についてのご質問に回答させていただきました。

 

今回は「日本語では、なぜ過去のことを<~前>と表現し、未来のことを<~後>と表現するのか」というご質問を扱いました。これは、実際に日本語教育にかかわっている方から寄せられた質問です。

 

私の仮説は以下です。一人の人間にも一つの文化にも、「時(とき)」に関する独特のとらえ方があるのです。NLP心理学の言葉を使えば「タイムライン」の議論です。時間をまっすぐなものと考えるのか、円環的なものと考えるのか。仮にまっすぐな時間軸を設定するならば、私たちは「未来」を見ているのか「過去」を見ているのか。

 

日本文化においては「過去」あるいは「伝統」を見つめるのが好きな傾向があると思うのです。過去を向いているから過去は「前にあるもの」であり、過去を向いているから未来は「後ろにあるもの」だと認識されるのではないか。

 

本当は、これにくわえて「かごめかごめ」の歌詞についても議論したかったのです。「夜明けの晩に」や「後ろの正面」という表現は、時や空間をひねってとらえないと出てこないものですから。このあたりは、次回の撮影で触れたいと考えています。

 

今回の日本語についての仮説もNLP(神経言語プログラミング)をベースに思いついたものです。私は現在はNLPのトレーニングは実施していませんが、英語教育の仕事も心理系の仕事(コーチング、メンタルトレーニング)においても、NLPが非常に役に立っています。

 

8/10(土)、8/11(日)の2日間に、リチャード・ボルスタッド先生(ニュージーランド人のNLPトレーナー)をお招きしてNLP入門講座「キーズ・トゥ・サクセス」を東京にて開催します。早割は7月20日まです!

 

kotonoha-psychology.com

 

 

 

MBA出願へ向けてのテスト選択 その2

前回のエントリーの続きです。

 

昨年度の出願においてはINSEADとICS(一橋)がGRE不可だったのですが、どうやら両校共に今シーズンはGREスコアも認めるようです。まだ公式ページでは発表されていないようですが、ほぼ間違いないようです。(情報の裏はきちんととってあります。)

 

ということで、今シーズンのMBA出願においてはGREが不可の学校は事実上ないと言ってよいと思います。MBA出願における学力テストにはGMATとGREがあり、基本的にはどちらのテストでも出願が出来るのです。

 

前回のエントリーで私は「基本的にはGMATがお勧め」だと書きました。そして、その理由として

 

(1) GRE不可の学校がある。(INSEAD)

(2) GMATの方がGREよりもビジネスパーソンにとって学ぶ価値のある内容のテストである。(GMATはロジカルシンキング、ビジネスライティング等のトレーニングになる。)

(3) 一部企業(特にコンサル業界)において就職活動の際にGMATスコアが要求されることがある。

 

の3点を挙げました。

 

ですが、INSEADがGREを認めるようになったので、GMATを推奨する理由が1つ減ったことになります。ですが、やはり現時点でも私は「MBA出願のためには原則としてGMATを選択すべき」という立場を崩していません。ですが、GMATのスコアメイクに苦労している方、あるいは苦労しそうな方は、早めにGREという選択肢を検討した方がよいです。

 

6/14(金)に「GRE乗り換えセミナー」を実施します。今までGMAT対策を実施してきた方がGRE乗り換えをするかしないかを決断する上で参考になると思います。つまり、GRE転向を決断していなくても、GREがどんな試験なのか様子をみるためにご参加いただくことが可能です。

 

Affinity英語学院 飯島哲也

 

MBA出願へ向けてのテスト選択

MBA支援の仕事が忙しくなってきました。英語のテスト(TOEFL, IELTS, PTE, TOEIC)のスコアメイクが仮に終わっていなくても、そろそろ学力テスト(GMAT, GRE)の対策も始めるべき時期がきています。

 

英語のテストですが、今シーズンからMichigan (Ross)がIELTSのスコアも受け付けるようです。

 

michiganross.umich.edu

昨シーズンは、(ランキングが高い学校の中では)Pennsylvania(Wharton)とMichigan(Ross)がIELTSを認めていなかったのですが、いよいよMichiganもIELTSを復活させたことになります。「復活」と書いたのは、Michiganも以前はIELTSを認めていた時期があったからです。Whartonについても、IETLSを今後認めるようになるかどうかを注視していきます。

 

Affinity英語学院においては、基本的にはTOEFLよりもIELTSを推奨しており、MichiganがIELTS可になったことで、IELTSをより一層勧めやすくなりました。

 

学力テストについては、INSEADが引き続きGRE不可(GMATのみ)の姿勢を崩していないようですが、その他の大学では基本的にはGMATとGREのどちらのスコアでも出願が可能です。最近のAffinity受講生のトレンドは「IELTS & GRE」という組み合わせでのMBA出願です。HBSにもBerekeleyにも、この組み合わせで合格者が出ています。

 

ただし、学力テストについては、原則としてGMATを第一選択とすることをお勧めしています。それは以下の3つの理由によります。

 

(1) GRE不可の学校がある。(INSEAD)

(2) GMATの方がGREよりもビジネスパーソンにとって学ぶ価値のある内容のテストである。(GMATはロジカルシンキング、ビジネスライティング等のトレーニングになる。)

 (3) 一部企業(特にコンサル業界)において就職活動の際にGMATスコアが要求されることがある。

 

ただし、GMATのスコアメイクに苦労している方はGREという選択肢も大いに検討の余地があるのです。

 

Affinity英語学院では6/14(金)の夜に「GRE乗り換えセミナー」を実施します。GMATからGREへの乗り換えを検討している方は是非ご参加ください。

 

以上、現時点でのテスト選択についての情報共有でした。

 

Affinity英語学院 飯島哲也

過去をいったんゼロにする

GMATの指導をしていると、「問題を覚えてしまったら復習する意味がないですよね?」という質問をしばしば受けます。この問いに対する私の回答は「問題の分野によっても異なりますが、仮に問題の内容と答えを覚えてしまっても、基本的には復習する意味は大いにあります」です。

 

仮に正解していたとしても、解法のプロセスに「誤解」や「思い込み」が含まれている可能性があります。例えば、誰か他の人にその問題を教えてみることによって、あるいは一人で勉強しているのであれば目の前に誰かいると仮定して解法を口に出してみることによって、解法に問題がないのかを確認することができます。

 

仮に解法が正しかったとしても、誰かに教えてみる、あるいは教える想定で復習をすることによって、その解法がより「血肉化される」可能性が高まります。

 

また、仮に問題の内容を答えを暗記してしまったとしても、「他により正確な解き方はないか?」「もっと早く解けるやり方はないか?」と深掘りすることも大切です。

 

特にGMATのように「分析力」や「柔軟な思考力」が問われる試験においては「質の高い復習」が重要なのに、多くの人がGMAT学習において質よりも量(問題数)を追いかけすぎたり、問題を解くスピードを重視し過ぎたりして失敗しているのです。

 

問題を解くことに成功した(=問題に正解した)としても、その「正解」という「過去」を頭の中でゼロにして、あるいはリセットして、その問題を初めて解くかの如く新鮮に思考することが大切なのです。

 

過去をいったんゼロにすることが重要なのです。過去の栄光にしがみついていてもモテないですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことのは心理研究所 その5:ボルスタッド先生の日本における業績

 

 

ことのは心理研究所の飯島哲也です。

 

私がリチャード・ボルスタッド先生(Dr. Richard Bolstad)のNLP講座を受講したのは、私が素晴らしい実力者だと思うNLPトレーナーの諸先輩がボルスタッド先生に強い影響を受けていると知ったことがきっかけでした。ご迷惑がかかる可能性があるので現時点では名前は伏せますが、私が一番あこがれているNLPトレーナーの先輩が「実はNLPの教え方はボルスタッド先生を一番参考にしているんです。」とコメントされたことが特に私の心を動かしました。

 

ボルスタッド先生の初来日は1995年だったようです。(経緯は足立桃子さんのページに詳しく書かれています。)私は2017年に初参加だったのですが、受講生の中には長年にわたって講座へ通い続けている熱烈なファンの方も少なくありません。ロジカルで分かりやすい説明に加えて、先生のお人柄によるものであろう「心地よい雰囲気」が人気の秘密なのかもしれません。

 

以下は、2017年8月に実施された「言語をマスターする」の模様です。

f:id:futaro1968:20190205034909j:plain

f:id:futaro1968:20190205035049j:plain




 また、ボルスタッド先生は多くの著書を出版されており、以下の2冊が日本語訳として出版されています。

RESOLVE 自分を変える最新心理テクニック―神経言語プログラミングの新たな展開

 

NLP子育てコーチング―親の信頼がこどもを伸ばす

 

ボルスタッド先生は他にも沢山のご著書を出版されています(英語書籍一覧)ので、今後の翻訳に期待したいところです!

 

ことのは心理研究所 その4:NLPの活用方法

 

ことのは心理研究所の飯島哲也です。

 

NLP(Neuro Linguistic Programing:神経言語プログラミング)は「脳の取り扱い説明書」と言われることもある心理学です。人間が外界からの情報をどのように「脳」に取り入れ、そしてその情報を「脳」の中でどのように「保持」し、さらにはその脳内の情報をどのように外界へ発信するのかを分かりやすく紐解いてくれます。たとえば、過去の辛いトラウマ体験も現在は結局「脳」の中にあるのであり、その脳内の「現実」をNLPのスキルを使って変容させてトラウマを改善することが可能なのです。脳内の現実を変えることで「幸せになる」ことを目指すのがNLPです。

 

私自身も日常生活の中でNLPには本当にお世話になっています。先日家族でアメリカへ行った際に飛行機がかなり揺れて私はかなり苦しかったのですが、NLPのスキル(スピン)を使ってどうにかやり過ごしました。指をくるくると廻すスピンの動きが、少し離れたところに座っていた6歳の娘に見られて「パパがくるくると変なことしていた」とからかわれてしまいましたが。(苦笑)

 

また、私は両親に相当する2人との関係で長く苦労をしてきました。「お前の留学は全くの無駄だったな」等、私の生き方を全否定するような発言を多々浴びせられたことがあり、それらの言葉を思い出すと体調を崩すこともしばしばありました。ですが、ある日試しにNLPの「フォビア・キュア(恐怖症治療)」というスキルを自分自身に実践したところ、それ以降は過去の発言を思い出しても心が以前ほどには動揺しなくなりました。

 

もちろん、セラピーを実施する際にもNLPのワークは有用です。秋葉原の殺傷事件の後に、事件が起きた交差点付近を通ることができなくなってしまったクライアントさんが複数いました。そこで、NLPの「サブモダリティー・チェンジ」と「アンカリング」というスキルを使ったところ一定の成果が出た(少なくとも交差点を通ることができるようになった)と報告をもらったことがありました。

 

ということで、私は仕事でもプライベートでもNLPをふんだんに使っています。今年からリチャード・ボルスタッド先生のNLP講座(東京)のお手伝いをさせていただきますし、私自身もメンタルトレーニング等のショートセミナーを引き続き実施していく予定です。

ことのは心理研究所 その3:NLPとボルスタッド先生

 

ことのは心理研究所の飯島哲也です。

 

私がNLP(Neuro Linguistic Programming:神経言語プログラミング)という心理学に出会ったのは2008年のことでした。佐取さん(現Affinity英語学院・副学院長の佐取永基さん)の勧めで、彼のお師匠さんでもあった宮本久男先生のNLPプラクティショナー講座(ヒューマンアカデミー横浜校)へ通ったのです。私はその後NLPとは距離をおいていたのですが、またまた佐取さんの勧めで(笑)2014年にNLP共同創始者のリチャードバンドラー先生によるトレーナーコース(フロリダ州オーランド)へ参加して「米国NLP(TM)協会認定 NLPトレーナー」という資格をいただきました。以前にも書きましたが、佐取さんは私に「有益なる余計なお世話(?)」をしてくれ続けている貴重な友人です。

 

さて、私はNLPトレーナーとしての活動はあまり行っていないのですが、NLPと出会ったおかげで英語講師としての「芸」や「技」が確実に増えました。NLPは本当に実践的な心理学で、学んだスキルを日常生活や仕事にすぐに活かすことができます。私の場合はその実践の場が「英語教育」及び「テスト対策指導」でした。受講生の目標設定の方法論、日々の学習項目の管理方法、モチベーションの上げ方、テスト会場で緊張をほぐす方法、聴き手の心をうつ英会話のコツ等々、多くのことをNLPから学びました。

 

トレーナー資格取得後も色々な方々のクラスを受講してきたのですが、2017年に複数の友人の勧めでリチャード・ボルスタッド先生(Dr. Richard Bolstad)の講座を受講したことがさらに大きな財産となりました。

 

http://www.nlposaka.com/(トップページに飯島の写真も載っています。笑)

 

ボルスタッド先生の魅力は、何と言ってもその高貴なお人柄と行動力の凄さだと私は思います。素晴らしい実績と実力をお持ちなのに全く驕ることなく、謙虚で親しみやすい姿勢を貫かれているボルスタッド先生。紛争中のボスニアへ行き被災者のトラウマ軽減に成果をあげたことで知られるボルスタッド先生。科学者としての顔も持ち、リサーチ結果を大切にしながらNLPを指導されるボルスタッド先生。日本文化に造詣が深いボルスタッド先生。…きりがなくなってきたので(苦笑)このあたりでやめておきますね。とにかく私はボルスタッド先生は本当に素晴らしいNLPトレーナーだと思っています。

 

2017年度までボルスタッド先生の招致に携わってこられた足立桃子さんに打診を受けて、今までの足立さんのお仕事を私が少しずつ引き継いでいくことに決めました。2019年8月にボルスタッド先生の講座を「ことのは心理研究所」が主催します。詳しくは次回以降のエントリーにてご案内させていただきます。

 

3人で記念写真をパチリ(左から飯島、ボルスタッド先生、足立桃子さん)

 

f:id:futaro1968:20190129095209j:plain