将棋

どうぶつしょうぎのお話しです。対戦相手の娘(5歳)に「ネコ(本将棋では「銀」)は横へ行けないよ」と伝えたら、ネコをくるっと90°横に回転されてしまいました。(苦笑) 私は将棋歴は長いですが、この手は考えたことがなかった。(笑)

私は16歳の時にアメリカへ「逃げ」ました。親との関係が上手くいかず、学校でも居場所がなく、日本に絶望した私は、アメリカへ夢を託して1年間の交換留学プログラムに参加したのです。(このあたりのことは既に何度か書かせていただいております。)シャイ…

ここ1年間ほど、将棋ウォーズ(オンライン将棋対戦ソフト)にはまっています。主にスマホ上で対戦しています。そのせいで、視力がかなり落ちました。(苦笑)https://shogiwars.heroz.jp/将棋ウォーズには3つの対戦モードがあり、10分切れ負けは二段、3分…

私は将棋の故・米長邦雄永世棋聖が大好きで、ものすごく影響を受けています。ただ、米長さんはかなりの変人(変態?)だったらしく、色々と悪い噂も耳にします。私が都内某所でマッサージを受けた際に、たまたま担当の方が米長さんを担当していたことがある…

長く生きていると、時代の変化をしみじみと感じ取ることができます。コンピューター技術の進化により、コンピューターが計算や文字入力をテキパキとこなしてくれるようになりました。そして、その結果(私を含めて)人間の計算力は衰え、漢字を書けない人が…

将棋の「歩(ふ)」に相当するのが、どうぶつしょうぎにおいては「ひよこ」です。よって、たとえば最初の一手が「7六歩」の場合、どうぶつしょうぎ的に言うと「7六ひよこ」あるいは「7六ぴよぴよ(笑)」という感じになります。普通の将棋では「歩」が敵…

本日、いよいよ娘と初対局でした。「どうぶつしょうぎ」に特に強く興味を持っている様子の次女との対局です。長女は隣で見学と口出し(笑)でした。わりとスイスイと指すので感動しました。ある程度保育園で遊んでいるのでしょう。「おおきな森のどうぶつし…

どうぶつ将棋(正確には「おおきな森のどうぶつしょうぎ」)の駒を使って、思い出の局面を並べてみました。 これ、私が高校生の時に県大会ベスト8をかけて戦った将棋の一局面…のはずなのですが、どうぶつしょうぎの駒だと訳が分からない…(苦笑)子供には動…

我が家に「どうぶつしょうぎ」がやってきました。 五歳の娘が「どうぶつしょうぎ」に興味があるというので、妻に買ってきてもらったのです。どうやら、保育園で「どうぶつしょうぎ」が流行っているらしいのです。 ところが、買ってきてくれたのは入門編では…

大山康晴の晩節 (新潮文庫)posted with amazlet on 07.10.09河口 俊彦 新潮社 (2006/03)売り上げランキング: 135263Amazon.co.jp で詳細を見る この本は、河口俊彦氏による、故・大山康晴十五世名人論です。 将棋に興味がない方にも是非読んでいただきたい人…

後手という生き方―「先手」にはない夢を実現する力 (角川oneテーマ21 (A-60))posted with amazlet on 07.09.29瀬川 晶司 角川書店 (2007/03)売り上げランキング: 40806Amazon.co.jp で詳細を見る 最近、久しぶり(20年ぶりくらい)で将棋にハマッテいます。 …