How to Stop Worrying and Start Living (English Edition)


私は若い頃、英語を武器にする仕事に就きたくなくて色々と「あがいた」のですが、25歳の時にいよいよ生活ができなくなり、某英会話学校にて「英語講師」のキャリアをスタートさせました。以後、25年間ほど複雑な思いを抱えながら英語講師として生きてきました。

そんな私を支えてくれた言葉の1つが以下です。

When fate hands you a lemon, make lemonade. (Dale Carnegie)

運命によってレモンを渡されたならば、レモネードを作りなさい。(デール・カーネギー)

オレンジジュースを作ることを目指して生きてきたのに、どんなに頑張ってもレモンしか入手できなかったとします。そうなったら、レモネードを作って生きていくしかないじゃないか。運命を受け入れて前向きに生きていくしかないじゃないか。

レモンが苦手な人間が作るレモネードにも、それなりの魅力がありますよ。
お酒が飲めないバーテンダーさんもいますからね。うふふ。