私は来年40歳になります。歳のせいか、最近よく若いころの
ことをいろいろと空想します。


「若いころ」の英語訳ですが


When I was young,


だと、「若かったころ」=「今はもう若くない」というニュアンス
になるのに対し、


When I was younger,


と「比較級」を使うと、「今も若いけど、もっと若かったころ」
というニュアンスになります。


私はどっちの表現を使うべきなのでしょうかねえ。(苦笑)


大学の学生が、"When I was young"と授業中に発言することが
あるのですが、20歳前後の若者が"When I was young"は変です!



さて、本題。


When I was younger, (笑)


大学に入学し、私は合唱団に入りました。かつて全日本大学合唱
コンクールで金賞をとり、ヨーロッパへ演奏旅行に行ったことも
ある、伝統ある合唱団でした。5月(たしか)に六大学合唱連盟
の合同コンサートで先輩たちの合唱を聴きに行き、他大学(確か
東大)の演奏で武満徹の「うた」という合唱曲に出会い、感動で
体が震え、涙が止まらなくなりました。私が武満徹の音楽に触れた
最初の瞬間でした。



小さな空〇と△混声合唱のために
東京混声合唱団 岩城宏之 武満徹 谷川俊太郎 川路明 井沢満 秋山邦晴
ビクターエンタテインメント (1986/02/05)
売り上げランキング: 26945



その後、我が合唱団(法政大学アカデミー合唱団)も、私の入団直前に
武満徹の「うた」を演奏会で歌っていたことを知りました。その演奏会
のカセットテープを今でも持っていますが、ひいき目抜きで、上記の
東京混声合唱団(プロ)の演奏よりも良い出来だと思います。早く
デジタル化しないとなあ、カセットじゃあね。デジハリ生、助けてくれ!


それから、合唱団の活動を続けて3年次に指揮者になり、「うた」を
振る(指揮する)ことが私の夢・目標になりました。しかし、大学の
奨学金留学の試験にパスし、散々悩んだあげく、3年次に1年間留学
する道を選び、合唱団は辞めました。


一部の人を除き、周りの仲間が口を利いてくれなくなりました。(苦笑)
私の被害妄想だったのかもしれませんが、「裏切り者」というレッテル
を貼られた感触を受け、その後完全に合唱団仲間とは縁が切れてしまい
ました。


で、昨年、歳のせいか「心のわだかまり」がなくなり、アカデミー合唱団
の定期演奏会に15年ぶりに行きました。良かった。 素晴らしかった。
団員の数も増え、クオリティーも高かったです。団員の皆さん、ありがとう。
出だしの「エール」(校歌)、最後の「夜のうた」、今までの伝統通りの
進行。お2人ほど、顔見知りの先輩・後輩の顔をを見ることもできました。


私は、武満徹の音楽のおかげで、合唱の素晴らしさ、美しさに出会うことが
できました。ヨーロッパに由来するクラッシク音楽をフィールドにしつつも、
日本人である自分、日本の良さにもこだわった武満徹。「間」を大切にした
武満徹。ありがとうございました。


昨日ご縁で、武満徹をテーマにしたコンサートへ行ってきました。
詳細はまた後日。


合掌。